2016年1月20日水曜日

ファストファッション 真の代償




THE TRUE COST 

サブタイトルは「ファストファッション 真の代償」


観てきました!







このチラシも「映画泥棒」みたいで
インパクトありますね~

内容のほうも、これでもまだファストファッションで
服買う気になりますか?ってなものです。


映画は、ピープルツリーの創始者・サフィアミニー氏、
環境活動家・ヴァンダナシヴァ氏ら著名人から
ファストファッション工場のマネージャーや労働者など、
幅広い立場の人の意見を交えながら、ファスト
ファッションの問題点を描いていきます。

先進国の人々が安価な服を気軽に使い捨てる
一方、労働者の賃金削減・労働環境悪化・
環境破壊へつながっていく。


それこそが真の代償。



この手の映画には当たり前の凄惨なシーンも
あります。

以前のブログに書いたバングラデシュの
ラナプラザビル倒壊事故ももちろん出てきます。

http://tomarigi-gifu.blogspot.jp/2014/10/blog-post_30.html


インドの綿花栽培農家の高い自殺率。

カンボジア労働者の賃上げデモを政府が弾圧。



これらが僕たちの生活とつながっている
ことを、もう誰も否定できないでしょう。


ファストファッションメーカーの立場としては、
「仕事を提供している。他にももっと酷い仕事は
たくさんある。経済発展の過程では仕方がない」
というもの。


もう疑問だらけのトリクルダウンの理論。


興味深いのは、この映画の中で何度か登場する
「新しいシステム」という言葉。もう資本主義の
限界が誰の目にも明らかになりつつあります。


経済指標に反映されないけど価値のあるもの。


藻谷浩介氏の「里山資本主義」で触れられて
いたものと相通じる証言が何度も出てくるのが
象徴的です。



あえて難点を挙げるとすれば、編集と演出が
巧み過ぎること、そしてファストファッション
推進側の意見がほとんどないことでしょうか。
その為、だいぶ視点が偏った印象があります。

また、ピープルツリーの活動についても、
もう少し丁寧に紹介してほしいとも感じました。


まあ、完全に中立というのは無理でしょうが、
もうちょっと落ち着いた感じにしてほしかった。


その分を差し引いても、この映画は是非観て
ほしい!



というわけで、岐阜あたりで上映会・・・

やります!近々!



続報をお待ちくださいm(__)m




*====================*
 なりわいと手仕事の雑貨店 とまり木

  岐阜市安良田町5-5    TEL/FAX   058-275-2224
  mail@tomarigi-gifu.com   facebookもよろしく!
*====================*

0 件のコメント:

コメントを投稿