2015年1月23日金曜日

映画「ジャマイカ 楽園の真実」





映画「ジャマイカ 楽園の真実」のDVDを買ったので、
早速みてみました。

*上記リンク先は音が出ます!ご注意ください
















公平な条件の下ならどんどん自由に人とモノを
動かせばよいとする「行き過ぎた」グローバリ
ゼーションが、ジャマイカに与えた影響を描いた
ドキュメンタリーです。



1962年にイギリスの統治から独立したジャマイカ
ですが、独立直後は財政基盤が弱く、国際機関
(IMF・国際通貨基金)からの融資に頼らざるを
得ませんでした。

映画はIMFの副専務理事、貧困にあえぐ農民と労働者、
そして当時のジャマイカの大統領の声などを紹介
し、美しい風景、レゲエミュージックを織り交ぜながら
展開します。


この種のドキュメンタリーは、ある種プロパガンダ的な
側面を持つ作品が多いです。先日のブログで書いた
おいしいコーヒーの真実」も、そんな感じです。

しかしこの作品では、IMFの副専務理事という、
グローバリゼーションを推進した(してしまった?)側の
立場の声も、かなり長い時間を割いて紹介して
いるのが特徴です。完全な中立とまではいかなく
ても、様々な立場の意見を取り上げる姿勢が
伺えます。




グローバリゼーション推進側の主張する「公平」は
本当に公平だといえるのか?


ジャマイカの例に日本はどのように関わってきたのか?


今の私たちの暮らしとどう関係するのか?




碧い海と空、淡々と続くナレーション、レゲエに
込められた魂の叫びが、いろいろなものを投げかけて
くる、そんな映画です。




*このDVDも貸し出しOKです。詳細はお問い合わせ
ください。ぜひご家族やお友達と一緒に見ていただけ
れば幸いです。




*------------------------------*
 なりわいと手仕事の雑貨店 とまり木
 HP http://www.tomarigi-gifu.com/
  facebook  https://www.facebook.com/nariwai.teshigoto.tomarigi
*------------------------------*