2016年5月25日水曜日

市民の伊勢志摩サミット




明日から伊勢志摩サミット。ですが・・・


「そんなの毎日の暮らしとどうつながるの?」
「G7?なにそれ、美味しいの?」


みたいな方も多いことでしょう。僕もそうでした。


ところがですね、サミットにNPO・NGOの立場から
市民の声を反映させようじゃないか!という動きが
あることを最近知りました。


そのイベント「市民の伊勢志摩サミット」が
5月23日と24日に四日市市で開催されました。
というわけで、僕も2日目だけですがお邪魔して
きました。


*この市民サミットはどなたでも参加できます。
  NPO・NGO関係者じゃないとダメ、なんてことは
  ありません。



23日 オープニング・分科会・交流会
24日 分科会・全体会


分科会は「食料安全保障」「シリア」「地域間格差」
「若者」「災害」など、16のテーマがありました。


以下、24日の様子です。

こちらは「平和」分科会の様子。












戦争のない、平和な社会を実現するための
提言をまとめるために、4名の専門の方から
話題を提供していただきました。


各分科会の詳細と採択された提言文は
こちらでご覧いただけます。



全大会では、各分科会からの簡単な報告のあと、
市民からの宣言文の採択がありました。













採択された宣言文はこちらからダウンロードできます。



提言文はあくまで提言なので、サミットにどのように
影響を与えることができるか、まだわかりません。

しかし政府レベルとは別に、「私たち市民はこのように
考えている」ということを各国政府に伝えるというのは、
大きな意義があることでしょう。


会場ではこの分野で活躍されている先輩方に
何人もお会いしました。市民サミットの開催に当たって、
東海3県の多くのNPO・NGOが、お互いの立場の
違いも乗り越えて、こういった場を作ったということも、
このサミットの大きな成果ですね。








*====================*
 なりわいと手仕事の雑貨店 とまり木

  岐阜市安良田町5-5    TEL/FAX   058-275-2224
  mail@tomarigi-gifu.com   facebookもよろしく!
*====================*