2015年2月17日火曜日

会話の空中戦と地上戦





  やまねくん:「休みの日には何をしていますか?」

  はむすたくん:「えっと、FMわっちを聞きながらのんびり
            するはむ。」



何気ない会話ですが、この会話ではむすたくんの
本当の行動は把握できるでしょうか?




結論から言うと、この質問は事実を尋ねているようで、
回答者に願望や思い込みを言わせています。



では、はむすたくんが休みの日に何をしたのか、
確認するにはどういった尋ね方をすればいいのか?



  やまねくん「前の休みはいつでしたか?」

  はむすたくん「先週の土曜日だったはむ。」

  やまねくん「その日の午前中は何をしましたか?」

  はむすたくん「10時過ぎに起きたはむ。目覚ましにちょっと
           回し車で運動してたらもうお昼だったはむ。
           お腹すいたからひまわりの種をいっぱい
           食べたはむ。」

  やまねくん「午前中にラジオは聞きましたか?」

  はむすたくん「運動する前にラジオをつけてみたけど、
           FMわっちは雑音がひどかったので、
           仕方なくRadio80を聞いたはむ」



以下省略(笑)。はむすたくんは少なくとも
この日の午前中はFMわっちを聞いていない
ことが分かりました。


思い込みが重なって、どんどん会話がかみ合わなく
なるのが最初の会話。例えて言うなら空中戦。


事実を確認していくのが次の会話。これが地上戦。




空中戦ではなく地上戦で会話をする技術、
「対話型ファシリテーション」を学ぶ講座に
参加してきました。



講座の主催はNPO法人ムラのミライ


講師の宮下さん。各地で
この講座を開催して飛び回って
いるそうです。








いやあ、ようやく本題にたどり着きました(^_^;)




事実を質問するための技術。英語の疑問詞5W1Hの
うち、どの疑問詞を使うか注意すること。


事実を聞くのは when where who what

回答する側の思い込みが入りやすいのは why how

howは、how many や how much などならOK。

How do you like ~? はダメ。



講座では、参加者同士でこのトレーニングを
しました。簡単そうだけど、やってみると難しい
ですね。なかなか会話が続かない。奥の深さを
実感しました。



この会話術、もともとは途上国の支援の現場から
編み出されたものです。詳しくは以前のブログ記事
ご覧ください。


しかーし、国際協力とは関係ない生活を送って
いる方にもオススメなのです。

同僚や上司と、家族と、友達と、彼氏や彼女との
会話の中で実践すれば、思い込みを避けることができて、
しかも「この人はちゃんと私の話を聞いてくれてる」
と、信頼が深まること間違いなし!



この講座の詳細はこちらでどうぞ。
今後も各地で開催予定です。




  はむすたくん「ところで君は冬の間はどうしてるのはむ?」

  やまねくん「うん、僕たちは冬は冬眠するんだ、眠いから」




さて、この会話は空中戦?地上戦?





*------------------------------*
 なりわいと手仕事の雑貨店 とまり木
*------------------------------*