2016年11月9日水曜日

シアバターの基礎知識




急に寒くなりましたねぇ。今日は冬型の気圧配置で風も
強くなっています。

お肌の乾燥が気になる季節でもありますが、今日は
とまり木でも扱っている保湿剤「シアバター」について
まとめてみました。













アフリカ工房ピュアシアバター
(未精製)

左:ゼラニウムの香り
右:ラベンダーの香り

27g 1800円(税込み)
9g 930円(税込み)





シアバターとは、シアの木の実から取れる
保湿剤のことです。シアの木は中央アフリカから
西アフリカ一帯に自生している常緑の木で、その
実から取れるシアバターは乾燥の激しいアフリカで
保湿剤として伝統的に使われているんだそうです。

他にもいろいろな使われ方をしているのがこの
シアバターのすごいところ。日焼け後のケア・打ち身・
捻挫・マッサージ・ヘアワックス・リップクリーム・
妊娠線の予防などにも効果があるという万能薬!


そんなシアバター、精製と未精製がありますので
そのあたりをちょっとだけ解説します。



【精製シアバター】

もともとシアバターが含んでいる香りと天然成分
(美容や薬用としての成分)を精製して取り除いて
しまいます。

成分が均質になるため、長期保存、大量流通に
都合がよいのが特徴です。そして未精製と比較して
安価。

しかし精製によって天然成分や本来のナッツのような
甘い香りが失われてしまいます。





【未精製シアバター】

上記の逆ですね。香りと天然成分がしっかり残って
います。輸送や保存に注意する必要があり、その分
高価です。

ただ、天然成分は不純物ということにもなり、
精製シアバターに比べて酸化が早いといわれて
います。開封から使い切るまで1年を目安に
していただくといいでしょう。

また天然成分が美容や薬用としてではなく
アレルゲンとして肌に作用する場合もあるので
注意が必要です。敏感な方は、手やひじなど
刺激の少ない部分で試してみることをおすすめ
します。

もちろん未精製といっても、ゴミなどが混じっている
ということではありません。そういったものはしっかり
フィルターで除去していますのでご安心ください。



さて、実際のシアバターってどんなでしょう?
アフリカ工房のシアバター(未精製)をスパチュラで
表面を削るようにして取ってみます。














特に気温が低い時に「固い」という印象をお持ちに
なる方もいますが、それが本来のシアバターの
証拠です。


手のひらに乗せてみました。体温で柔らかくなって
融けているのがわかるでしょうか?少量でも融けると
伸びがよくて、肌になじんだ後はサラッとしています。












もちろんサンプルをご用意しています。店頭で
お試しください。



【おまけ】

アフリカ工房のシアバターにはこんな面白いものが
ついてきます。

一緒に入っている2つの紙。
左は使い方の解説。右のアフリカ物語を開いてみると・・・













ガーナの流行歌。
女性にうつつを抜かして家族のためのお金を使ってしまう
お父さん・・・(*_*)


















このアフリカ物語にはいくつか種類があるようです。
どんな物語に出会えるかはお楽しみ!




*====================*
 なりわいと手仕事の雑貨店 とまり木

  岐阜市安良田町5-5    TEL/FAX   058-275-2224
  mailあっとtomarigi-gifu.com   facebookもよろしく!
*====================*

0 件のコメント:

コメントを投稿