2016年9月1日木曜日

9/18(日)映画「ポバティー・インク」上映会開催




「余っている古着を寄付してください」

「途上国の子どもたちへ靴を贈ります」


具体的な団体を挙げませんが、途上国を支援する
その想いに賛同します。


ですが・・・



その無償援助で、現地の方々が自立できるでしょうか?

途上国の産業にどのような影響を与えているでしょうか?




















「ポバティー・インク」の意味は、貧困株式会社とでも
いうのでしょうか。このタイトルには、支援すること自体が
目的化し、貧困の解消に本当に貢献できていますか?
という皮肉が込められているように感じます。


映画の中で出てくる具体的な事例は公式サイトを見てください。


または、ぜひ9月18日(日)の上映会へお越しください。
とまり木のすぐ隣で開催します!


国際協力だけではなく、あらゆる分野の社会的弱者
支援に携わる方に観てほしい作品です。



【映画紹介】

「貧しい気の毒な人たちのために手を差し伸べよう」 
「彼らは無力で何もできない」

そんなイメージをうたい、繰り広げられてきた営利目的の途上国開発は、数十億位ドルに及ぶ巨大産業となっている。その多くの活動が失敗に終わり、援助の受け手がもともと持っている能力やパワーも損ないさえする、私たちの「支援」がもたらす問題は?正しい支援のあり方とは?途上国とどう向き合うべきなのか?ハイチやアフリカを主な舞台に、支援の隠れた真実と、それを乗り越え、切り開かれつつある未来の希望を、支援される側の生の声と共に伝えるドキュメンタリー。


映画の公式サイトはこちら↓
http://unitedpeople.jp/povertyinc/


【日時】 2016年9月18日(日) 14時~17時頃まで 


【場所】 ちいさな鳥  (とまり木のすぐ隣です)
     岐阜県岐阜市安良田町5-5
     http://www.chiisanatori.com/
     
           名鉄名古屋本線加納駅徒歩2分 Pあり


【定員】 12名 


【チケット】 
予約あり 大人1300円 高校生以下1000円 
当日   大人1500円 高校生以下1200円 

ご予約はメールで承ります。 
watanabetateguten@gmail.com 

小さなお子様もご一緒にどうぞ。 
上映中の見守り承ります。 
(お子様一人300円にて。二人目以降は+200円) 


【主催】 
とまり木/http://www.tomarigi-gifu.com/
渡部建具店/ http://watanabetateguten.wix.com/tateguya 
       http://facebook.com/watanabetategu10






*====================*
 なりわいと手仕事の雑貨店 とまり木

  岐阜市安良田町5-5    TEL/FAX   058-275-2224
  mail@tomarigi-gifu.com   facebookもよろしく!
*====================*

0 件のコメント:

コメントを投稿