2014年12月28日日曜日

フェアトレードチョコ紹介記事




ちょっと古い情報ですが、24日付けの
朝日新聞にフェアトレードチョコの紹介記事が
掲載されていました。お客さんから教えて
いただきました。



見出しに「児童労働」と
「森林伐採」とありますが、
「適正な対価の支払い」も
フェアトレードの大きな特徴
です。

この記事では「適正な対価の
支払い」という意味がちょっと
弱い感じでしょうか?













僕たちはよくフェアトレードのことを「適正な対価の
支払い」という意味で説明することが多いのですが、
フェアトレードの考え方には、記事にあるような
労働条件のこと、栽培方法など、さまざまな指標が
含まれています。




ところで、フェアトレードの考え方が反映された商品か
どうか?どうやって見分ければいいのでしょう?


その一つの答がこちら↓



これがフェアトレード認証ラベル。

フェアトレード製品を選ぶ一つの
基準です。

最近大手チェーン店でもこの
ラベルがついた商品を扱うところが
増えていますので、見たことのある
方も多いのでは?






このラベルがついた商品を選べば間違いない!


と言いたいところですが、問題点もあるのです・・・



長くなりそうなので、そのあたり、また別の機会に
詳しく調べてお伝えします。





記事の中で紹介されている団体さんは以下の通りです。

NPO法人ACE

スローウォーターカフェ

一般社団法人チョコレボ・インターナショナル






*------------------------------*
 なりわいと手仕事の雑貨店 とまり木
 HP http://www.tomarigi-gifu.com/
  facebook  https://www.facebook.com/nariwai.teshigoto.tomarigi
*------------------------------*

0 件のコメント:

コメントを投稿